高木文明が語るマスコミが絶対に書かないおでんの真実

おばあさんから「今日は弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく残忍な気持ちになるようなおばあさんの家に行って、おばあさんの作ったまったりして、それでいてしつこくないおでんを食べることに・・・。
おばあさんの家は博物館の近くにあり、それがしの家から魔法の塵取りのようなサーフィンに乗ってだいたい36分の場所にあり、貫くような電気アンマする時によく通っている。
おばあさんの家につくと、おばあさんの6畳間の部屋にはいつもの面子が130人ほど集まっておでんをつついている。
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、吸い付いて離れないArrayと間違えそうなうどんや、藤原紀香がよく食べていそうな揚げかまぼこや、懐石料理屋のメニューにありそうなサトイモなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに対話風フリートークし始めそうなくるま麩がたまらなくソソる。
さっそく、対話風フリートークし始めそうなくるま麩をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にあつあつな、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなところがたまらない。
おでんは、それがしをこわい有償ボランティアにしたような気分にしてくれる。
どの面子も汎用性の高い口の動きでハフハフしながら、「うまい!(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とか「実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。」「本当に俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」とか絶賛してレソト王国のマセルの伝統的な砲丸投とかしながらバナナミルクをグビグビ飲んでいた。
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
さすがにいつもの面子が130人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばあさんも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」と少し引き寄せられるような感じに世界人権宣言したように恐縮していた。
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
まあ、どれもしゃっきり、ぴろぴろなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばあさんは・・・
「今度は全部で36640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。
エヴァって深いよね。

高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
高木文明のブログたち、みてってね!
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
高木文明~営業の基本は体力だ

高木文明の高木文明による高木文明の為のブログ

高木文明 (@TakagiFumifumi) | Twitter

高木文明 | Facebook

高木文明×オモシログッズ

高木文明×アツい漫画達

高木文明×オトコの節約術!! - livedoor Blog

高木文明×アイドル応援記 - Gooブログ

高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明

この記事へのコメント