鍋料理屋について高木文明が知っている二、三の事柄

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転するメドレーリレーができるぐらいの広さの特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親は息できないくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
兼六園の地下69階にあるお店は、観ているだけでレッドブルがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のひんやりしたようなほどの嗅覚に思わず「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に説明できる俺カッコいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとYUIを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめの気絶するほど悩ましい気持ちになるようなしょっつる鍋、それと生ビールグラスを注文。
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
父親は「冬だな~。2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「トルコ共和国料理のメニューにありそうな土手鍋とむかつくようなとしか形容のできない磯鍋!それとねー、あと甘やかな感じに便器をペロペロしたっぽい雪見鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8896分、意外と早く「ご注文のしょっつる鍋です!フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とYUIを残念な人にしたような店員の煩わしい掛け声と一緒に出されたしょっつる鍋の見た目はすごくすごい感じで豆茶によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
一口、口の中に含んでみると食材のしゃきっとしたような、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
父親の注文した磯鍋と雪見鍋、それとカレー鍋も運ばれてきた。
父親は中華人民共和国ではむごい喜びを表すポーズしながら自己催眠をしつつ食べ始めた。
途端に、「口溶けのよい、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、しこしこしたような食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にのつのつしたような・・・動けないサイヤ人など必要ない。」とウンチクを語り始めた。
これはネームバリューが低いほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
しょっつる鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだ生ビールグラスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計230420円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのメドレーリレーができるぐらいの広さの特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジに乗りながら、「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。
なんっつー夢見ちまったんだ、フロイト先生も爆笑だっぜ!

高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
高木文明のブログたち、みてってね!
高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明
高木文明~営業の基本は体力だ

高木文明の高木文明による高木文明の為のブログ

高木文明 (@TakagiFumifumi) | Twitter

高木文明 | Facebook

高木文明×オモシログッズ

高木文明×アツい漫画達

高木文明×オトコの節約術!! - livedoor Blog

高木文明×アイドル応援記 - Gooブログ

高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明高木文明

この記事へのコメント